マンションの外壁塗装は安全性を高めることが可能

メンテナンスをしっかりと

マンション

手順の流れ

マンションを管理する上で定期的に必要となるメンテナンスが外壁塗装です。外壁塗装が劣化してくると見栄えも悪くなりますし雨漏りや耐久性の定価など機能的にも問題がでてきます。高層マンションとなると外壁塗装の範囲も大きくなり、費用も時間もかかりますが、マンションを長持ちさせ住人満足度を高めるためにも定期的に行わねばなりません。基本的な手順としては以下のような流れで進みます。まず行うのが足場の作成です。高層だとその分高くなるため費用もかさみますが、事故を起こさないためにも安全性はきちんと確保しなければなりません。次にシートでの養生です。塗料が乾く前に風がふくとついてはいけないところに塗料が付くことがあるので、事前に養生します。養生が完了したら外壁の洗浄です。高圧洗浄機もしくは薬品で汚れを落とします。汚れが残っていると新しい塗料がうまくつかないのでこの手順も重要です。コーキング処理がしてある場合はコーキング処理のやり直しも行います。こうした下処理が外壁塗装の出来映えを大きく左右します。下処理が完了したらいよいよ塗料を塗っていきます。最初に接着剤的な役割を持つ塗料を下塗りしていき、それが完了したら中塗り、上塗りと進みます。きれいに乾いたら塗装作業は完了で、養生剤を丁寧にはがし、足場を解体して回収、撤去したらマンションの外壁塗装は完了です。これらの作業には最低1ヶ月、長いと3ヶ月程度かかります。住人にきちんと知らせておくことも重要です。

一軒家

地元業者の活用方法

施工事例が豊富な地元業者を活用するのが、横浜市内で一戸建て住宅の所有者が外壁塗装工事を発注する場合の基本です。防水に力を入れたプランを活用したり、断熱性などの機能にこだわって塗料を選ぶのが、理想の塗装工事を行うためのコツです。

作業員

塗料の効果が建物に重要

外壁に塗布してある塗料は紫外線や雨の影響を直接受け続けるため年々劣化していきます。沖縄では強い紫外線や雨、塩害などで塗料が劣化しやすい状況です。沖縄では10年ごとに外壁塗り替え時期が適しているといわれており、10年を目安にして外壁塗装工事を行えば塗料の防水効果が維持されます。

塗装

塗装リフォームを行うには

外壁塗装リフォームを依頼する際は、できるだけ地元の業者を探すようにします。たとえば住まいが千葉にあれば千葉の業者を選ぶことで、何かと迅速に対応してもらえます。さらに、選定に当たっては過去の施工実績や見積価格を参考にするようにします。