マンションの外壁塗装は安全性を高めることが可能

塗料の効果が建物に重要

作業員

外壁塗装工事を行う業者は塗料を3回重ね塗りをしています。これは塗料を外壁材にしっかり密着させて防水効果を高めるためです。外壁塗装は美観を良くする効果もありますが1番の目的は建物の防水です。外壁に塗られた塗料は塗膜を張って防水し、雨や雪の水分が入り込まないように建物を浸水から守っているのです。塗料は1度塗ると10年程度は効果を発揮しますが、紫外線や雨などによって次第に劣化するようになります。沖縄のように紫外線が強く台風による強い雨が降る地域では塗料も劣化しがちです。塗料が劣化したまま放置していると、外壁材に水分が浸水し断熱材や木材を傷めたりカビが発生する原因になります。さらに進行すると建物全体に被害が拡大していき土台がぐらつくようになってしまいます。このような状態になると建て替えや大規模な修復工事が必要になり費用の負担も大きくなります。このような事態を防止するには定期的な塗装工事を行うことが大切です。塗料の劣化を示すサインは外壁をチェックすると発見することができます。外壁を触ると手が白く汚れたり、塗料がはがれていたりした場合は劣化が始まっています。また、外壁にヒビが入っている場合は、ヒビから水分が侵入してきますので発見したら沖縄の塗装業者に相談してみましょう。沖縄の外壁塗装業者は外壁の現況を確認して施工主の予算に合った塗料で工事を行っています。塗料には防水効果だけでなく、断熱効果がある塗料や光触媒で汚れが付きにくい塗料など様々な種類があります。塗料は費用面と業者のアドバイスを参考にして選ぶのも良いでしょう。沖縄の業者は30坪程度の家ですと10日間の工事期間で終了します。塗料の種類や家の広さ、外壁の状態によって工期や費用が変動しますの、良く確認してから外壁塗装工事を依頼するようにしましょう。